社会福祉法人 こばと福祉会 幼保連携型
認定こども園 乙供文化保育園

園について

園について

私たち認定こども園乙供文化保育園は、自然豊かな環境で教育・保育を行っております。

類型
幼保連携型認定こども園
設置主体
社会福祉法人こばと会
名称
認定こども園乙供文化保育園
理事長・園長
久保田 利子
法人設立年
昭和52年4月1日
住所
〒039-2652 青森県上北郡東北町ほとけ沢105番地1
TEL
0175-63-2544
FAX
0175-63-4676
職員
園長、副園長、主幹保育教諭、保育教諭、子育て支援員、栄養士、看護師、調理師、運転手
入園対象
0(2ヶ月)〜5歳児(満6歳)
園児定員
77名(1号認定=7名、2号認定=38名、3号認定=32名)
情報公開
→事業報告書 →収支決算報告書

認定こども園について

認定こども園とは幼稚園と保育園の機能や特徴をあわせ持ち、地域の子育て支援も行う施設です。
 本園は従来の保育園と幼稚園が一緒になった「幼保連携型」認定こども園です。
 保育が必要な事由がある0歳~5歳児のお子様、幼児教育をご希望の3~5歳児のお子様が入園できます。

入園案内についてはこちら
子育て支援についてはこちら
認定こども園

園の理念

教育・保育理念

1 認定こども園の特色を生かし、0歳児から5歳児まで一貫した幼児教育・保育を提供いたします。


2 ご家庭や地域社会、専門機関との連携を取り、子どもが健康で望ましい生活体験が出来る環境を作ります。


3 様々な体験を積み重ねながら自信をもって自己の可能性、自分の世界を広げていける、豊かな人間性を持つ子供を育成いたします。

教育目標

教育目標

5つのこだわり

5つのこだわり

給食について

認定こども園 乙供文化保育園では、
園内調理室でおいしい給食とおやつを提供しています。

今日の給食はなにかな?

毎日、おいしそうな匂いに誘われて、子ども達が給食室をのぞきにきます。
「おいしそう!」「僕のはどれかなー?」「今日のメニューは好きなのだ!!」
子ども達は料理の様子や匂いで食べ物への興味をふくらませます。

給食室をのぞくこども達

七分づき米

本園では全園児に七分づき米を提供しています。
七分づき米とは、白米よりもぬかや胚芽が残っている米です。玄米よりも食べやすく、食物繊維やビタミンB群などが豊富です。
小さい子ども達もモリモリ食べてくれます。

七分づき米

給食は各クラスの教室、保育室でいただきます

離乳食から始まった子どもは、月齢に合わせた離乳食を提供しています。
教室で食べる子ども達は、お友達と一緒に食卓を作り、たのしくマナーを守った食事を学びます。

保育室

おやつも手作りを

おやつは手作りにこだわっています。おにぎりやドーナツ、パンケーキ、ときには焼うどんや野菜ステックなどもあります。
手作りおやつではない日には自然食品にこだわったお菓子にしています。

おやつ

アレルギー食の対応も行っております

アレルギーをお持ちのお子様が、みんなと同じように給食が食べられるように、同じメニューでも、アレルギー材料を除いて、園児一人ひとりに合わせた対応を行っております。
入園の際に、アレルギーで心配されている方はご相談ください。

アレルギー対策

食育

子どもの五感を育み、食べる楽しさと大切さを実感してもらうために、クッキングや園内栽培などを行っています。
野菜は採れたてを食べたり、給食で使っています。

食育